日記 825 

■「世紀末オカルト学院」第三話舞台、長野県長野市松代町訪問記。

IMGP0618.jpg

名古屋からおよそ250km。長野がまた少し好きになった訪問旅行。


IMGP0620.jpg


まず向かったのは松代駅。
駅とは言えど、現在その実態はタクシー乗合所になってた。

IMGP0613.jpg

ご覧の通りホームはあっても線路がありません。
調べたところ、長野電鉄河東線は2002年に廃線になったみたい。

IMGP0615.jpg

駅前のこのカットも一瞬ですが作中に登場しています。

IMGP0629.jpg

続いて向かったのは松代城跡。
お堀と、塀のみ残っています。

IMGP0626.jpg

20100725142136.jpg


公園内のどこかではあるものの、情報不足で断定できなかった・・・。

IMGP0623.jpg

20100725142138.jpg


公園から駅を望むこのカットもおさえます。

IMGP0662.jpg

さて、駅前の探索がおわりいよいよ象山地下壕へ。
駐車場の場所がわかりにくかったけど、無料駐車場が近場にあってよかった。

IMGP0638.jpg

中はひんやり。だけど、洞窟とはちょっと違う雰囲気。
象山地下壕って何?って方はwikiで調べてください。

IMGP0655.jpg

地下壕は6kmにも及ぶ巨大なものだが、公開されているのはほんの一部の500m。
しかし、500mとは思えないほどの長さを感じたのは異様な雰囲気のせいか。

IMGP0639.jpg

いくつもの横穴が存在する。奥から動物の鳴き声。
覗くのが「怖い」。

IMGP0651.jpg

トロッコの跡。ずーっと奥に続いている。
穴から出てきたのは一匹の蝙蝠。

IMGP0656.jpg

すべて手彫りによるもの。
そこまでして、日本は戦争を続けたかったのかと思うと悲しい。

IMGP0653.jpg

やがて千羽鶴が置いてある一番奥まで到達。
入り口付近には他の観光客がいたのに、ここにはなぜか誰も居なくて怖かった。

20100725140322.jpg

作中で二人はヘルメットをかぶっていますが、実際にヘルメットが貸し出されていて
そのヘルメットをかぶり中へ入ります。

IMGP0633.jpg

再び外へ。
ここも登場したカット。

IMGP0634.jpg

近くにあった鳥居。


帰りに松代温泉につかり疲れを癒しました。
お蔭でお肌がすべすべに!

行く道中、ザーザー降りの雨でどうなることかと思いましたが、
写真の通り見事晴れて、最高の聖地巡礼になりました。

また、長野にはぜひ行きたいですね。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment